シリカは美容に効果的?加熱してもOKなのが水素水との違い

美容に効果的な飲み物として、シリカ水が注目されています。シリカ水は、シリカと呼ばれる成分が水に配合されているミネラルウォーターのことです。

ミネラルウォーターにも硬度やpH(ペーハー)などにこだわるほか、藤原紀香さんが飲んでいることでも有名な水素水も注目されています。シリカとは何?そして、美容にいい理由はどこにあるのでしょうか。

シリカとは何?

シリカとは、二酸化ケイ素のことです。シリカは、SiO2としてあらわされるほか、ケイ酸、酸化シリコンとも呼ばれています。このケイ素が美容に効果的と注目を集めています。

シリカは人間の体内にも存在する成分です。シリカは、40代以降になると、作られなくなってしまいます。

シリカの成分は肌や髪の毛、爪、血管や細胞壁に含まれています。そして、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチンを作ります。

皮膚に含まれているシリカは、肌の弾力を保つはたらきがあり、弾力やうるおいのもとになります。組織同士をつなげるため、肌のほか、髪の毛のツヤ感、爪を割れにくくする作用にも関係があります。パサパサの髪の毛や二枚爪は、もしかするとシリカ不足かもしれません。

(他にもある!シリカの効果)
・骨を丈夫にする
・軟骨の強度
・骨密度の関係性
・関節を動かしやすくする
・血管の弾力を強くする

シリカを摂取することで、若々しい肌を作ることができます。

シリカ水と水素水の違い

シリカ水のメリットは、熱に強いことです。料理やお茶など加熱しても栄養が壊れることがなく、成分をそのまま摂取することができます。お味噌汁やスープ、コーヒー、お米を炊くとき、お茶を飲む時に使うことができます。

シリカ水同様、高い抗酸化作用で注目されている水素水があります。

水素水……
水素を含んだ水で、老化防止、病気防止になる。

1本あたりはシリカ水よりも水素水が高額です。そして、シリカ水と違うのは加熱調理が無理なことです。水素水は通常のミネラルウォーターのように常温で保存ができますが、未開封でも水素は少しずつ空気中になくなってしまいます。

本当に効果的な水素水を飲むためには、水素水のサーバーで飲む都度水素を発生させる必要があります。

その点、シリカ水のシリカは空気中に消えていくことがなく、加熱調理もできるため、料理や温かいお茶にも利用ができ、手軽に美容に取り入れることができます。

ハリ・ツヤにはコラーゲンドリンクが定番?効果は本当にある?

秋や冬にかけて肌の乾燥に悩む人も増えてきます。保湿ケアをする時に、スキンケアだけでなく「内側からのケア」も大切と言われ、コラーゲンドリンクやサプリメントを摂取している人もいます。

ただ、コラーゲンは口から摂取しても効果なし、コラーゲンには即効性なしといった否定的な口コミやウワサもあります。実際はどうなんでしょうか。

コラーゲンとは何?効果なしの事実はここから!

コラーゲンは、皮膚、関節、骨や爪といった身体の部分に存在している重要な成分です。肌のハリ・弾力のもとになっていますが、年齢を重ねるにつれて高くなります。20代の皮膚表面のコラーゲン量を100とすると、60代のコラーゲン量は半分になってしまいます。しわ、乾燥、たるみの原因になるのでコラーゲン量を補給していく必要があります。

ただし、コラーゲンは即効性があるわけではありません。値段の高いコラーゲンサプリメントを飲んだり、フカヒレやすっぽん料理を食べたら、翌日は肌がぷるぷるになるわけではないのです。継続性が必要です。

コラーゲンが体内に吸収されるしくみですが、サプリメントとして飲んだコラーゲンは体内にコラーゲンとして吸収されるのではありません。いったん、アミノ酸に分解されます。アミノ酸として体に運ばれていきコラーゲンに生まれ変わります。

コラーゲンを摂取したからといって、コラーゲンのまま体に運ばれるわけではないことを確認しておきましょう。こういったことから、コラーゲンを摂取しても意味がないといったコメントが多いです。

コラーゲンサプリメントを即効性で選ぶなら「低分子」や「ペプチド」を!

また、コラーゲンでもⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型といったように分類されています。

Ⅰ型……骨や皮膚をつくる
Ⅱ型……関節や軟骨に含まれている
Ⅲ型……臓器に含まれる

また、即効性を狙うのならコラーゲンは体に摂取されやすい「低分子コラーゲン」や「コラーゲンペプチド」を選ぶのがいいでしょう。

高分子コラーゲン……分解されるとき、アミノ酸のつながりが分解されないコラーゲン。吸収スピードが遅い。
低分子コラーゲン……人工的に細かくしたコラーゲンで、身体の中で分解する手間がないため、吸収率、吸収スピードが速い特徴がある。コラーゲンドリンクに配合されていることが多い。

高分子コラーゲンは身体に吸収されにくいデメリットがあるため、敬遠されてきましたが、体内に長時間とどまることができるメリットもあると言われるようになってきました。コラーゲンに関しての研究は、時代によって違う論が正論になることもあります。

ローズヒップティーの効果・効能は?飲む美容液とも言われている!

エイジングケアとして、ローズヒップティーを取り入れている人も多いです。このローズヒップティーの効果・効能がすごいと言われています。ハーブティーの一種であるローズヒップティーは、一体、どういったものなのでしょうか。

ローズヒップティーとは?

ローズヒップティーは、カルディや無印良品、生活の木などに売っているハーブティーです。比較的知名度も高く、過去にテレビで紹介されて品切れになったほどでした。ハーブティーはノンカフェインなので妊婦さんにも飲んでもらえます。

ただ、味がすっぱいので、ローズヒップティーに対して苦手意識を抱えて、オリゴ糖やはちみつを加えて甘くしてアレンジティーにしている人もいます。

しかし、ローズヒップのシングルティーだと実は酸味が少なく、ブレンドしているハイビスカスティーの配分量で味が決まります。ハイビスカスの色は赤く、ローズヒップティーは赤のイメージもブレンドされているハイビスカスティーの多さで錯覚されていることもあります。ローズヒップだけでは酸味はそこまでなく、人によってはトマトに似た味だと言っている人もいます。

ローズヒップティーは、野ばら(ローズヒップ)の実を乾燥させたものをお茶にしています。色は赤く、見た目も鮮やかな色になっています。

ローズヒップティーの特徴は?

ローズヒップティーの特徴は、ビタミンCが豊富であることです。「飲む美容液」とも称される紅茶は、ローズヒップ100gあたりにビタミンC426gの分量のため。この量は約レモン20個分だそうです。

ほかにも、エイジングケアに効果的なビタミンE、ポリフェノール、トマトにも入っていて話題のリコピン、女性が不足しがちな鉄分、食物繊維やカルシウムが含まれていて、民間療法で健康にいいと飲まれてきたハーブティーです。

ローズヒップティーの効果・効能は?

気になるローズヒップティーの効果・効能ですが、ビタミンCの豊富さから美容効果も高いと考えられています。

一番の効能は、シミを予防する効果があります。ビタミンCが多く配合されているので、メラニン色素の生成を抑え、排出を正常に促すことができます。また、ターンオーバーを正常にするはたらきがあり、毛穴レスな赤ちゃんのような肌になる効果も期待できます。

ビタミンCは豊富に入っていることで、

・寝ても疲れが取れない時
・風邪やインフルエンザ予防
・体調を崩しやすい人
・免疫力アップ

として飲むことができます。