EMSは美容に効果的?エステサロンだけでなく自宅でもできる

美容の機械で、EMSが少しずつ流行しています。その理由は、機械の価格が求めやすくなってきたただ。ダイエットにも効果的なEMSとはどういったものなのでしょうか。

EMSとは何?丁寧に解説!

痩身エステサロンに通うと、時々、EMSと呼ばれるコースがあります。一般的に「ぶるぶるマシン」とも呼ばれていて、お腹まわりについたぜい肉を振動させてダイエット効果を期待するものです。

EMSとは……
Electrical Muscle Stimulation(電気筋肉刺激)の略で、頭文字をとってEMSを表されています。電気刺激を筋肉に流し、運動以外にはリハビリ、疲労回復にも使われます。低周波の電気刺激を行うことで、ほねつぎなどの医療機関でも利用されています。

EMS運動ができる機械は、つけてスイッチを押すだけの作動ができるため、疲れずに自宅にいながらトレーニングができ、腕立て伏せや腹筋といった辛い運動をしなくてもよく、ウォーキングやランニングなど外出の必要な運動も不要。筋トレ効果としては、体幹を鍛えたり、インナーマッスルを鍛えることができると言われています。

EMSが流行している理由は?価格のせい?

エステサロンで使われている目的は、脂肪燃焼、ダイエット効果です。寝たきりの人、骨折した人でも使えるため、リハビリ用として使われてきた機械ですが、スポーツ分野では多くの目的で使われています。

・ウォーミングアップとして
・コンディションを整えるため
・腹筋を強化するため
・有酸素運動として

弱っている筋肉を意識的に刺激をして動かすことで、鍛えにくい部分の筋肉も動かすことができます。

商品は、腹筋用と部分用の2種類があり、気になる部分に装着してスイッチを押すだけです。電気刺激を与えたり、商品によっては揉んだり叩いたりする刺激を加えるものもあり、ボタン電池式、単3・単4など電池式、USBの充電式の種類もあります。

価格は、有名メーカーの商品だと、MTGのシックスパッドアブズフィットは25800円と高級ですが、有名メーカー以外の商品だと2,000円ほどで購入できる商品も出てきました。

一般的な筋トレと比較すると、カロリー消費量は少ないです。もし動くことができるならウォーキングなど有酸素運動も取り入れながらダイエットをするのがいいでしょう。

また、粘着部分を肌につけることで、敏感肌の人はかゆみ、赤みが出ることもあります。強度を上げると痛く感じたりするため、強弱をつけられる商品だといいでしょう。